本文へ

LGBTQeラーニング「LGBTQトータル講座 実践編:ウェディング」

これから増えるLGBTQの結婚式

これから増えるLGBTQの結婚式

LGBTという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。近年、LGBTのイベントが全国各地で開催され、またダイバーシティ推進の一環としてLGBTの理解促進やLGBT当事者の方が働きやすい職場環境の整備を進める企業が増えてきました。さらに、戸籍上同性同士のカップルに対して、結婚に準ずる関係を証明するパートナーシップ制度を整備する自治体が増えるなど、徐々に性の多様性が認められるようになってきました。このような世の中の流れの中で、結婚式を挙げたいと思うLGBTのカップルは増えています。

実は多いLGBTQ当事者の方

電通ダイバーシティ・ラボの調査(2015年)で人口の7.6%がLGBT層であること、またLGBT総合研究所の調査(2016年)で人口の約5.9%がLGBTに該当し、LGBT以外の性的少数者(セクシュアルマイノリティ)を含めると約8%であるという結果となりました。
人口の8%という数字は、日本人の代表的な苗字である佐藤さん・鈴木さん・高橋さん・田中さんよりも多い数字です。自分の周りにいないと思った方は、あなたにカミングアウトしていないだけかもしれません。

認められる多様性

2015年11月より東京・渋谷区で、パートナーシップ証明書の発行が始まり、男女の婚姻関係と同等の関係が戸籍上同性同士のカップルにも認められるようになりました。その後、世田谷区や兵庫・宝塚市、その他の自治体でも発行が始まり、多様性が認められる社会になりつつあります。

LGBTQの結婚式を受け入れるメリット

全国各地でのLGBTのイベント、企業や自治体の取り組みにより、多様性が認められつつある中で、結婚式を挙げたいと考えるLGBTQカップルも増えてきました。 結婚式を挙げたいと思うLGBTQのカップルが、結婚式場に「結婚式を挙げたい」と問い合わせると、「同性同士だから」、「前例がないから」、「受け入れる準備ができていないから」などの理由で断る式場がまだまだあります。しかし、LGBTQの結婚式のニーズが高まる中で、断ってしまうことはもったいないと思いませんか。LGBTQの結婚式を受け入れることはメリットがあります。

インフルエンサーが多い

LGBT総合研究所の調べによると、LGBTQの方の中には、SNSを活用して情報発信するインフルエンサーが多くいます。LGBTQの方に向けた情報が少ないからこそ、当事者同士での情報交換が活発です。例えば、LGBTQの方が結婚式を挙げた場合、受け入れてくれた式場や対応が良かった式場は口コミでどんどんと広がっていきます。LGBTQの方の結婚式を受け入れていくことで、さらに新しいお客様からお問い合わせがくる可能性があります。」

拡大するインバウンド需要

日本政府は、「明日の日本を支える観光ビジョン」で、東京オリンピックが開催される2020年に4000万人の外国人観光客を目標に掲げています。さらに、2025年に大阪での万国博覧会開催が決定したので、より多くの外国人観光客が日本に訪れることが予想されます。日本で結婚式を挙げたいと思う外国人観光客の中には、LGBTQの当事者の方も多くいると考えられるので、今から対応することでマーケットを拡大できる可能性があります。

拡大するインバウンド需要

LGBTQトータル講座 実践編:ウェディングのおすすめポイント

LGBT当事者やウェディング関係者27名の声を聞くことができる

カミングアウトして生活しているLGBTQ当事者の方が少ないため、直接話を聞きたいと思ってもなかなか聞くことができません。この教材では、当事者や挙式に携わった関係者の方など27名の方々にインタビューをしています。ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーなど様々な立場の人から結婚や結婚式に対する思いを聞くことができます。

結婚式の実例から学ぶことができる

実際に結婚式を挙げた当事者の方が出演して、ゲイカップルやレズビアンカップルなどそれぞれの結婚式で気を付けるべきポイントについて解説しています。電話対応や初回訪問から結婚式当日まで、一連の流れで説明しているので、実際にLGBTQ当事者の方を対応する際のノウハウを学ぶことができ、実践に役立ちます。

いつでもどこでも学習できる

eラーニングはインターネットが使用できる環境があれば、スマートフォンやパソコンで時間や場所を選ばずに学習することができます。1コマ10~15分程度なのでスキマ時間に動画を視聴できるので、日々忙しいウェディング関係者の方にピッタリの教材です。

LGBTQトータル講座 実践編:ウェディングのおすすめポイント

まずは無料体験!

デモアカウントの発行

ご希望の方に無料デモIDを発行させて頂きます。下記、お問い合わせフォームから、お気軽にご連絡ください!

LGBTQの概要について学びたい

「LGBTQトータル講座 -当事者30人以上が出演-」がおすすめです!

サービス窓口

お問い合わせ先

プロダクト・ソリューション本部
インタラクティブコミュニケーション事業部

03-5419-7309

お問い合わせフォームへ