本文へ

中堅・中小企業経営者のための危機管理対策セミナー

~実践的なBCPとわかりやすい事業継続のポイント~

地震などの大規模災害が起こった時、日々動いている事業をどう継続していくのか?
策定したBCPは機能するのか、社員はうまく動けるのか、見つめ直してみませんか。

【東京】 開催日:平成29年11月17日(金)午後2時~午後4時30分 <参加無料>

開催概要

日時 平成29年11月17日(金)午後2時~午後4時30分
(午後1時30分 受付開始)
会場 Learning Square新橋 4F
住所 東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル4F
(JR新橋駅烏森口から徒歩2分) 地図
主催 NTTラーニングシステムズ株式会社
来場者数 最大45名様(先着順)
入場料/条件など 無料
  • お名刺を頂戴いたします。
  • 同業他社の方はご遠慮ください。

お申込みの前に「プライバシーポリシー」を必ずお読みください。

お申込みはこちら

  • クリックするとメーラーが立ち上がります。
    メーラーによって、必要事項が本文中に記載されない場合があります。
    メール本文に以下の必要事項を記入の上、お申込みください。
    ・御氏名(フリガナ)、貴社名(フリガナ)、御所属、御役職名、電話番号、メールアドレス

セミナープログラム

Part1 「リスクに強い組織をどうつくり上げてゆくか?」

  1. 代表的なリスク“災害”の特性
    • リスクにはどのようなものがあるか
    • イメージしやすい自然災害を例として
  2. 防災の基本的な考え方と、その限界
    • 公助の限界と自助&共助の可能性
    • なぜBCPが必要なのか
  3. まとめ~個人の対応力を向上させるためには~
    • すぐにできることは何か?
    • 簡単にできるシミュレーション

Part2 「実践的なBCPを考える」

  1. 危機管理(BCP)の現状を問う
    • BCPの策定は進んだ?!
    • いざという時のシミュレーションはできているか?
  2. BCPは機能しているか?
    • マニュアルに頼らず動かせる計画と体制づくり
    • 重要なのは業務の棚卸し
  3. 本当に使えるBCPのヒント
  4. まとめ
    • BCPもPDCAが重要
    • リーダー育成と社員のレジリエンス力向上を!
  • 内容は変更や前後する可能性がございます。
  • あらかじめご了承くださいますようお願い致します。

講演者プロフィール

NTTラーニングシステムズ株式会社
部長 経営コンサルタント
加茂 洋一(かも よういち) (防災士養成講習認定講師、個人情報保護士)

企業・官公庁・自治体様向け各種教育プログラムの企画・営業・運営を統括。
ICT、防災関連分野から人材育成研修、BCP(事業継続計画)研修まで幅広く講師として活躍
大学等において、情報通信、セキュリティ・防災系カリキュラムの非常勤講師、客員教授として活動中

NTTラーニングシステムズ株式会社
課長 経営コンサルタント
木村 正清(きむら まさきよ) (地域安全学会会員 日本法政学会会員 日本地震工学会地域レジリエンス評価プロジェクト委員)

内閣府調査検討業務、市町村に対する防災研修及び宮城県等の防災リーダー養成
企業に対するBCP施策に係るコンサルティングを展開
東京大学生産技術研究所目黒教授主催研究会でプロジェクトリーダーをつとめ、東日本大震災以降の復興プロセスの課題を炙り出し、新たなコミュニティー形成のための試論を提言するなど防災に係る論稿を多数執筆