本文へ

日本初! 日本三景の一つ“天橋立”を本格VR撮影 ―宮津市を表敬訪問―

2020年3月17日
エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社

エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社は、3月13日に京都府宮津市 城﨑雅文市長を表敬訪問し、最新のVR技術を活用した地元の魅力のプロモーションについて意見交換を行いました。

また現地では、宮津市の協力のもと、日本三景のひとつである天橋立を日本で初めて本格的なドローンを用いたVR撮影を行いました。さらに、日本の滝100選に選ばれた金引の滝などの観光名所をはじめ、地元の伝統産業である丹後ちりめんの工場などをVRで撮影を行ったほか、宮津が発祥とされる「ぶりしゃぶ」、海の幸「こっぺがに」などの地元グルメの魅力を様々なVR撮影技法で映像に収めました。

訪問時には市長、副市長をはじめ企画財政部長・商工観光課長など多くのご関係者にVRを体験いただきましたが、「ここまでVRの活用は進んでいるのか!」「出来上がったら、是非たくさんの方に見て頂きたい」等の声を頂き、今後の活用やVRの可能性について様々な意見交換を行いました。

なお、今回のVR映像制作には先日、日本国際観光映像祭で宮津市を舞台とした作品でグランプリを受賞した映画監督の福山功起氏に演出の協力を頂いています。

エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ社が開発した「VR一括制御システム」は、一度に30台のVRゴーグルの操作が可能で、イベントや研修、施設紹介など様々な分野での活用が可能です。今まで、一度に数台しか視聴出来なかったものが、一度に30名までが同時視聴・一括制御が可能となることで、より多くの方にVR映像を活用したPR等が可能となります。今後、エヌ・ティ・ティラーニングシステムズでは、さまざまな自治体や観光業界に向けて地域の魅力の発信を可能とするVRコンテンツの制作を提案していきます。

本件に対するお問合せ先

エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社
プロダクト・ソリューション本部 コンテンツ事業部
E-mail:lsvr@nttls.co.jp