本文へ

「ハラスメント研修VRパッケージ」の定額レンタルサービスの開始について

 エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鳥越隆)は、2020年6月1日より施行されたパワハラ防止法※1にあわせて、8月3日よりお客様が実施されるハラスメント研修にVR※2体験を付加し、研修効果を高める補助教材「ハラスメント研修VRパッケージ」を提供開始致します。
※1パワハラ防止法(正式名称:改正労働施策総合推進法) 
※2 VR:Virtual Reality(仮想現実)

サービス概要

職場における「パワーハラスメント」とは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係といった職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりする行為のことを言います。

2019年5月に「改正労働施策総合推進法」(パワハラ防止法)が成立し、大企業(従業員300名以上)では2020年6月1日から施行(中小企業では2022年4月1日から施行)され、パワハラについての防止策を義務づけられることになりました。

体験・体感を通じて問題のある言動を理解し、自己の行動の内省と職場の改善課題に気づきを促します。

「ハラスメント研修VRパッケージ」は、パワハラ防止法に対応し、従業員に正しい知識を習得させ、働きやすい職場環境をつくり、組織的な防止対策がとれるようになることを目指します。

パワハラにあたる行為(言動など)の基本知識を押さえ、単なる知識の習得に終わることなくVR(バーチャルリアルティ)を活用し、パワハラ行為者、パワハラ被害者の目線で臨場感のある疑似体験を通じて、問題行動や改善すべき職場環境を体感を通じて理解し、気づきを与えます。

なお、本サービスは、サブスクリプション型の定額サービスとなります。

サービスの特徴

  • VRを活用した臨場感、圧迫感のある当事者視点の疑似被害体験
  • 豊富な23シナリオのVR映像(180度立体映像・360度映像)
  • パワハラだけでなく、様々なハラスメント事例(シーン)を豊富に収録したサブスクリプションモデル
  • 社内研修用のインストラクションガイドや、ワークシートもご提供
  • 解説×体験×内省×ディスカッションを繰り返すことで、より深い気づきを醸成
  • 集合型の研修だけでなく、オンライン型研修にも対応

VRコンテンツ映像イメージ

システム構成

VRパッケージ

管理画面サンプル

価格

  • HMDのレンタル:300,000円(税抜き)
    ご利用期間:2週間 ※土日祝祭日含む
    映像23シナリオ含む
  • 映像の制作については別途お見積り

レンタル期間の考え方

※弊社からの送付先は一か所を想定しております。

レンタル機器内容

  機材 台数
機器(HMD) PicoG2 4k 20台
タブレット Surface Pro 7 1台
無線ルーター 1台
急速充電器 AC電源 20台分
  • インターネット環境は不要です。電源が必要となります。
  • ご利用時におけるサポート費用は含まれておりません。
  • HMD21台以降は10台につき、5万円追加となります。同時接続最大30台。

シナリオ一覧

映像には、180度立体映像と360度映像を準備しております。
180度映像では立体的な映像により、よりリアルな映像が視聴頂けます。
360度映像では、職場全体や周りの環境を再現し、被害者、加害者以外の環境全体を表現しております。

No カテゴリ 映像 タイトル
1 パワー
ハラスメント
180度
立体映像
残業への叱責
2 アルコールの強要
3 優秀上司によるプレッシャー
4 胸ぐらをつかみ叱責
5 カスタマーハラスメント
6 360度 映像 部下への強い叱責
7 飲み会に参加しないだけで
8 遅刻した部下への注意
9 子供の発熱で
10 有休休暇の取得理由
11 会議に参加させない
12 ゆとり世代に対して
13 上司でも部下でも誰でも加害者になる
14 セクシャル
ハラスメント
180度
立体映像
LGBTの噂を広める
15 派遣社員の正社員化
16 女性を酌婦として
17 360度 映像 居酒屋で店員さんへ
18 何気ない思い出話も
19 気を付けているようだが
20 ケア
ハラスメント
360度 映像 介護休暇の取得
21 マタニティ
ハラスメント
360度 映像 産休・育休の取得
22 コンプライアンス違反 180度
立体映像
下請法違反
23 データ偽装

新型コロナウィルス禍における本サービスについて

新型コロナの影響により、集合研修の実施が困難なこともあるため、ご要望により、本サービスで制作致しました動画を利用したオンライン研修の実施も可能です。
 
本サービスのホームページ(https://hr.nttls.co.jp/hrd/program-search/business/detail/72 )からご確認ください。

営業本部 営業推進部